株式会社ハーティネス

新着情報 2005年

 

子どもといっしょに安心インターネット 第2巻「どうトラブルを避けるの?」が出ました(2005年10月28日)

子どもといっしょに安心インターネット「どうトラブルを避けるの?」子どもといっしょに安心インターネット「どうトラブルを避けるの?」が、10月28日に発売となりました。

3冊シリーズのうち、最後の発刊となった第2巻では、メール・出会い系、ホームページや掲示板/チャットにおけるトラブルの解説や、キレさせない、相手を傷つけないためのマナー、各家庭におけるルール作り、これまで気になっていたけれど誰にも聞けなかったネット上のトラブルの回避策を、基本中の基本から事例を中心にわかりやすく解説しています。

 

子どもといっしょに安心インターネット 第3巻「なにができるの?」が出ました(2005年9月28日)

子どもといっしょに安心インターネット「なにができるの?」子どもといっしょに安心インターネット「なにができるの?」が、9月28日に発売となりました。
子どもといっしょに安心インターネット 第1巻「なにが危険なの?」では、パソコンやインターネットの何が危険なのか、どうすれば危険から身を守れるかをお伝えしました。
この青い表紙の第3巻は、そこから一歩踏み出して、インターネットの世界に「進む」ための知恵と方法をテーマにしています。
インターネットってどんなことで役立つの? 検索エンジンを使いこなすにはどうすればいい? ネットの情報を見極めるいい方法はあるの? ホームページやブログを作るには?
気になっていても誰にも聞けなかった安全なインターネット活用法を、母親の視点に立って、基本中の基本からわかりやすく解説しています。 この本が、インターネットの世界に進んでいく子どもたち、ママや先生たちに勇気とを知恵を与えることになれば幸いです。
3冊シリーズの最後、黄色い表紙の第2巻「どうトラブルを避けるの?」も10月28日発売予定です。

 

IT社会をどう生きるか 明治大学シンポ 第5弾「インターネット安全運転の心得」にパネリストとして参加します(2005年9月26日)

10月20日(木)に明治大学にて開催される、IT社会をどう生きるか 明治大学シンポ 第5弾「インターネット安全運転の心得」にパネリストして参加します。
このシンポジウムは、学外一般の方にも無料でご参加いただけます。ご興味のある方は下記で詳細をご確認の上、ご参加ください。

 

CEATEC 無料シンポジウム「ユビキタスネットワーク社会のおせっかいさ−快適なコンテンツサービスとは−」で講演を行います(2005年9月26日)

10月4日(火)に幕張メッセで開催される、CEATEC 無料シンポジウム「ユビキタスネットワーク社会のおせっかいさ −快適なコンテンツサービスとは−」で基調講演を行います。
パネルディスカッションには、パネリストとしても参加する予定です。

 

子どもといっしょに安心インターネット 第1巻「なにが危険なの?」が出ました
第2巻、第3巻も続々発売予定です(2005年7月27日)

子どもといっしょに安心インターネット 第1巻「なにが危険なの?」「子どもといっしょに安心インターネット」第1巻が、7月27日に発売となりました。佐世保の同級生刺殺、渋谷の少女監禁、ネットで知り合った女性を監禁など、インターネットやケータイにまつわる子どもたちの事件が増えています。 今や子どもたちにとってネットは日常のツール。しかし、その正しい使い方や、危険性について、きちんと大人は教えていません。また、保護者の不安に、わかりやすく応えてくれる情報源も多くはありません。
セキュリティー、情報リテラシー、コミュニケーション、情報発信、個人情報とプライバシーなど、IT時代に身につけておきたい知恵と技術を、お話するようにわかりやすく書きました。
この本は、テクニカルライターのプロである高橋慈子と、IT分野で多くの経験を持ち、わかのプロであり小中の二児の母親である尾花紀子さん、教育の専門家であり自然とコンピュータ教育の大切さを説く杉原五雄先生、情報セキュリティー分野の専門家の内田勝也先生とともに執筆しました。
子どもたちをもつ保護者や学校関係者のみなさん、そして子ども達に、是非、読み、役立てていただきたい本です。第2巻、第3巻も準備中です。

 

SE(技術者)向けの文書作成技術の本「SEの文書技術」が出ました(2005年6月10日)

SEの文書技術日本語力、文章力に自信がないSE(IT技術者)向けに、文書作成技術を向上させるためのヒントと技術を提供します。
SEの仕事に必要な文書作成の知識と技術の解説に加え、章ごとの演習と巻末の添削例という具体的な素材を使いながら、文章力を向上させるコツをわかりやすくまとめました。
技術者向け 文書作成セミナーも企画、実施いたします。ご興味がある方はご連絡してください。 連絡先はこちらまで。

 

職場や学校ですぐに役立つ「一太郎 厳選実用Tips【2004/2005対応】」が出ました(2005年4月25日)

一太郎 厳選実用Tips【2004/2005対応】日本語を書き、表現するための道具として、今や、えんぴつやペンと同じくらいに身近な道具になっているワープロソフト。その機能を存分に使いこなして、文章をすらすらと入力し、思いのままに編集、レイアウトしたいものです。
本書は、ワープロソフト「一太郎2005/2004」を使って、文章の入力、編集、罫線や表の操作、図や写真の扱いを楽に、思うように操作できるようになることを目的に、どんなことをしたいかをトピックスとして、その操作方法を解説したものです。 長文を作る際のテクニックや、知っておきたいファイルやデータの扱い、カスタマイズの方法についても説明しています。
どうぞ本書を参考に「一太郎」の活用の幅を広げ、文書作成に役立ててください。

 

大学のインターネット教育に使われているマニュアルです(2005年3月31日)

V-Campus2005立教大学の新入生および職員向けにインターネット利用のリテラシーを教育する目的で毎年、発行している「V-Campus2005」の制作を今年も担当いたしました。
インターネットを学生生活にどのように利用するかの基礎知識から、具体的なノウハウ、携帯電話を使った情報サービスの利用方法まで、盛りだくさんに盛り込んでいます。


 

「Excel知って便利な基本技—オフィスで役立つ使いこなしを徹底解説」が出ました(2005年3月1日)

Excel知って便利な基本技—オフィスで役立つ使いこなしを徹底解説表計算ソフトの中でももっとも多くの人に使われているExcelは、高機能、多機能な表計算ソフトですが、まったく初めて使う人や初心者にとっては、少し敷居が高いように感じるソフトでもあります。表計算ソフト特有の電子のワークシートであることを理解し、いくつかの基本操作を理解しておけば、便利で欠かせないソフトになることでしょう。 また、意外と日々の作業では決まった機能や操作方法しか使わないという傾向もあるようです。同じような仕事をしていても、使い方は人それぞれというわけです。
操作方法の好みはありますが、知らなかった使い方を知ると、Excelの活用がぐんと広がり、操作のスピードもアップします。そのような観点から、実用的な使い方、知っていると便利な使い方などを技としてピックアップし、解説をまとめました。 Excelの腕を磨くためのヒントとして、どうぞ本書をお役立てください。

 

「花子2005のすべて」が出ました(2005年2月10日)

花子2005のすべて言葉を「図」で表し、より分りやすく伝えることができる統合グラフィックソフト「花子2005」。本書では、花子2005の基本操作から応用まで、よく使う便利な機能を中心に解説しています。巻頭では新機能・強化機能をピックアップして紹介しており、従来からのユーザーがすぐに花子2005の新機能を使えるようになっていおり、後半の4章・5章では、さまざまなシーンごとの具体的な活用例を紹介しています。
画面を豊富に用い、手順に沿って丁寧に解説していますので、初心者の方でもスムーズに操作をマスターできます。 セットアップ方法や描画の基本も丁寧に解説していますので、初めて描画ソフトを使う方にも安心です。 「花子2005」をより早く使いこなすために、どうぞ本書をお役立てください。

 

今年もよろしくお願いいたします(2005年1月5日)

新年のご挨拶新年のご挨拶 「ビタミンeで元気に!」

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
日本語で伝えることの力を見直したい。昨年のハーティネスは、このような気持ちで活動をいたしました。言葉で伝える力の意味、技術などを見直し、日本語力を向上させたいと考える人々のお手伝いをしています。テクニカルコミュニケーションの専門家である講師と協力しての企業向けセミナーなども開発、提供し始めました。今年は書籍、eラーニングでの展開なども計画しています。「元気もの」の意味のハーティネスの社名のように、e技術(IT)で個人と組織を力づけたい、元気にしたいと改めて、願っています。皆様のお役に立つことがございましたら、是非、お声をかけてください。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2005年 元旦 代表取締役 高橋慈子