株式会社ハーティネス

コラム「マニュアルNOW」2015

 

計測データも深く解説

2015年(平成27年)1月20日 日経産業新聞掲載

 正月休みで増えた体重を戻したい。こんなとき、体重の増減をグラフで確認でき、ダイエットや健康増進に役立つスマートフォン(スマホ)のアプリ(応用ソフト)を使うと便利だ。最近はアプリと連携して、体重や体脂肪率、歩数などのデータを自動的に転送できる機器も増えた。

 健康機器メーカー、タニタ(東京・板橋)の体組成計「インナースキャンデュアル」もそのひとつ。米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」と連携して使える。

 製品の箱を開くと、2つ折りの「クイックセットアップガイド」と「安全上の注意」の2枚のシートが入っている。取扱説明書の詳細版は、同社のサイトから入手する仕組みだ。

 クイックセットアップガイドの表紙には、準備から計測したデータを見るまでの流れが3つのステップで示されていて、大まかな流れが一目で理解できる。開くと、図解とともに各ステップでの操作手順が説明されている。スマホのアプリをダウンロードするためのQRコードもあり、スムーズに設定できた。

 「お手元にiPhoneがない場合」との記載も親切だ。スマホと連携して使うとは限らないためだ。

 一通り設定を済ませた後は、より詳しい説明を読むために、取説をダウンロードした。準備や使い方のページでは、操作手順を図解入りで簡潔に説明していた。

 目を引いたのが、目次に「必要なとき」と記載された「体の豆知識」だ。肥満度を示すBMI(体格指数)や、体脂肪率についての説明があり、生活習慣病との関係が解説されている。まさに計測したデータをより深く知りたいと思ったときに読むと役立つ情報だ。

 この取説をiPhoneの画面でも読んでみた。文字は小さくなるが、必要な箇所を拡大しながら読めるので不便は感じなかった。

 ヘルスケアの分野では、利用者に自社の製品やサービスを使い続けてもらうことが、企業にとって重要になる。各種の情報へと導き、活用するためのナビゲーターとして、今後は取説やウェブの存在がより大きくなることだろう。